新宿ミネルバクリニック

03-5272-3768

  • メールフォーム
  • メール

緩和ケア内科
身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアをするのが緩和ケア内科です。

緩和ケア内科

緩和ケア内科

がんになると、がん自体の症状のほかに、痛み、倦怠感などの身体的症状以外に、落ち込み・悲しみなどの精神的な苦痛を経験します。「緩和ケア」は、身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアです。

腫瘍内科は緩和ケアを行う診療科なので、腫瘍内科を標榜する以上、緩和ケア内科を標榜する必要はないのかもしれませんが、当院では敢えて緩和ケア内科を標榜致しました。「緩和ケアはがんに対する治療がなくなったと言われてから、つまり終末期が近づいて行われるもの」という誤解がまだまだ全国的に蔓延しているためです。

2007年4月1日より「がん対策基本法」が施行されました。5年毎に見直しされる「がん対策推進基本計画」において、緩和ケアについては、「治療の初期段階からの緩和ケアの実施」を、重点的の取り組むべき課題として位置付けられ、がん患者とその家族が可能な限り質の高い療養生活を送れるようにするため、身体症状の緩和や精神心理的な問題への援助などが、終末期だけでなく、治療の初期段階から積極的な治療と並行して行われることを国は求めています。

今後は、緩和ケアが、治療時期や療養場所を問わず患者の状態に応じて、様々な場面において切れ目なく適切に提供されるとともに、がん患者と同様にその家族も様々な苦痛を抱えていることから、がん患者のみならず、その家族に対しても心のケア等の適切な援助を行う体制を整備していく事を国は目指しています。

当院では、専門医としてこれらを実現していくため、微力ではありますが精進いたしたく存じます。

在宅の緩和ケアについてはこちら

ページの先頭へ