新宿ミネルバクリニック

03-5272-3768

  • メールフォーム
  • メール

在宅緩和ケア

緩和ケアについて

緩和ケアについて

緩和ケアってなあに?

緩和ケアは、がんに限らず、生命を脅かす病気やその治療にともなう「身体のつらさ」「精神のつらさ」など、いろんな「つらさ」を持つ患者とそのご家族に対する治療や支援のことです。患者さんやご家族が、自分らしい生活を送れるようにサポートするという考え方です。 だから、緩和ケアがスタートする時期は、がんと診断されてなるだけ早期からが望ましいでのす。 がんと診断されると、さまざまな不安やストレスが発生します。

今まで、がんを治すということに関心が高かったのですが、がんを抱えながらどのように生活していくかと言う、「生活の質」も、がんを治すことと同じように大切なのです。

また、たとえ手術や抗腫瘍薬といったがん自体に対する積極的治療を行うことが難しいということがあっても、何の治療もできないということではありません。痛みや吐き気、食欲不振、だるい、などといった辛い症状や、気分の落ち込みや孤独感が軽くなるようにすることも、がんによりおこる症状に対する立派な治療なのです。自分らしさを保てるようにすることや、生活スタイルをなるだけ変えないようにすることなど、それぞれの患者さんの生活の質が保たれるように、医学的な側面に限らず、幅広い対応をしていくのが緩和ケアなのです。

また、近年、患者さんが亡くなった後の家族の悲しみのケア(グリーフケア)もがん医療のなかに取り入れられるのが望ましい、と考えられています。当院では、ご家族のグリーフケアにも積極的に取り組んでいきたいと考えています。

在宅緩和ケアについて

在宅医や訪問看護師が、ご自宅に定期的に訪問し、辛い症状のコントロールや心理面のサポートに関わります。
病院の治療を自宅で受けることが出来る、とお考えください。

物理的距離は確かに入院病棟のほうが近いでしょう。
しかし、ご自宅で過ごすという安心感に勝るものはないのではないでしょうか。

また、病院で患者さんが亡くなると、ご家族が「悲しいことを思い出すので病院には行けない」と、会いにきてくれることはなかなかなかったのですが、在宅緩和ケアの場合、生活の場が闘病の場であり、看取る場、かつ診療の場であるため、グリーフケアの手を差し伸べやすいのではないかと考えています。皆様のいろんな辛い時期を、患者さんやご家族と共に過ごしたいと考えています。

在宅診療を希望される方へ

主な訪問診療エリア:新宿区・中野区・渋谷区・杉並区・練馬区

在宅緩和ケア

在宅緩和ケア

がんの専門医による在宅診療

2007年に施行された「がん対策基本法」の中で、国は、第二節に、がん医療の均てん化の促進等について定めています。がん医療の均填化とは、全国どこにいても同じ水準の医療が受けられるということを意味しています。

そして、第二節の中で、がん患者の療養生活の質の維持向上のために、第十六条において、「国及び地方公共団体は、がん患者の状況に応じて疼痛等の緩和を目的とする医療が早期から適切に行われるようにすること、居宅においてがん患者に対しがん医療を提供するための連携協力体制を確保すること、医療従事者に対するがん患者の療養生活の質の維持向上に関する研修の機会を確保することその他のがん患者の療養生活の質の維持向上のために必要な施策を講ずるものとする。」と定めています。

がん対策基本法にのっとり、2008年より全国の医学部大学院にがんを専門的に診療する医療職を養成する大学院コースである「がんプロフェッショナル養成コース」が設置されました。当院のがん専門医は、がんプロコース1期生としてがんプロ大学院の腫瘍内科コースに入りました。がん薬物療法専門医を取得するための教育課程です。

がん薬物療法専門医を取得しましたが、やはり地域にこそ専門医が必要ではないかという考えが強くなっていきました。がん患者やその家族には、専門的なさまざまな支援が「継続的に」必要だからです。

居宅においてがん患者に対しがん医療を提供するための体制を確保、といっても、地域に専門家がいなければ実際のところ難しいのではないか、という思いが強くなりました。そこで、自身が地域に出よう、と決意しました。

当院では、「緩和ケア病棟と変わらないケアをご自宅で提供する」ことを実践したいと考えております。

「がん」とつく日本で唯一の専門医である「がん薬物療法専門医」が、看護師、とともにチーム医療にあたることを何よりの特徴としております。今後、必要な専門職を充実させていきたいと考えています。

それでは、チーム医療とは何でしょうか?

話し合いをして協調して取り組んだらチーム医療なのでしょうか?複数で話し合った結果が必ずしも最善でない、正しくないというのは自明の理でしょう。大切なことは、お互いがきちんと思っていることを存分に発言できる環境にあるということです。

当院では、次のように考えています。チーム医療とは、各職種がおのおのの役割を果たし、協調して患者の利益の最大化を具現することを意図した医療である。

在宅診療を希望される方へ

主な訪問診療エリア:新宿区・中野区・渋谷区・杉並区・練馬区

がん薬物療法専門医とは

愛知県がんセンター中央病院のHP

より改変要約して引用します。

【ミネルバクリニックが緩和ケアで訪問する地域目安】

足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区、武蔵野市、三鷹市、狛江市。
※上記エリアは、あくまで目安ですので詳しくは、当院までお電話で事前にお問い合わせください。
ページの先頭へ