【NIPT】認定遺伝カウンセラー

みなさま,おはようございます.

当院に11月から認定遺伝カウンセラーCGCが来ました!!

CGCは大学病院とかで一緒に働いたことあるのですが.

うちのCGCは大変優秀です!

開業して以来,なかなかいいスタッフに恵まれなくて.

でも.今は,遺伝診療の場としてのミネルバを確立していこう,という共通の目標をもって

がんばっていける仲間ができて,本当にうれしいです.

先日,手伝いに来てくれているわたしのお友達Aさんがしみじみ言っていました.

先生のきゃぴっとした声が聞こえていて何よりです.それがクリニックの状態を表しているのだ,と.(笑)

医療機関としては医療安全に努めなければならないので

やっぱり眉間にしわが寄る場面もあるのですが.

CGCのNさんが来てから,随分楽になりました.

医療機関で働いたことがない,という職員が今までのほとんどだったので,まずは教育から,といっても

中途採用だとそれまでの自分の常識で判断して,こちらの言うことに従わなかったりするので.

まあ,従ってもらえないのはわたしの力量不足なのですが.

なので.

医療機関にお勤めだったこともあるNさんに専門職として来ていただいて

やっと医療に対する思いを共有できました.

Nさんも,前に勤めていた産婦人科が,羊水検査するのになんで遺伝カウンセリングしないといけないの?とか

いうところだったらしくて.

うちは幅広い遺伝子検査を提供していて.

先日は,遺伝性乳癌卵巣がんの患者さんが来られて遺伝子検査をするにあたり,Nさんに家系図とってもらいました.

さすがです~ (^_^ゞ

待てば海路の日和あり,ってこういうことですかね?

今日は12月30日.

年末年始の休診ですが.

結果が出ている人たちがいるので,やっぱちょっと行って,処理してきました.

結果が出たことをお伝えするショートメールを送っているのです.

患者さんたちが気になって,おちおち休めないのと

いつも仕事しているので,突然休みになると何をしていいかわからない,ということもあります(笑)

患者さんたちからはショートメール送ると

年末なのに先生ありがとう!という返事が返ってきて.

いいですね.こういうの.

お互いに支えあう.

わたしを必要としてくれる患者さんたちがいる限り,何があっても頑張れる.

じーん,とそう年の瀬に感じることのできる私は,世界一幸せな医師かもしれない.

うん.きっとそうだ.

みなさま,よいお年をお迎えください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です