【日報】認知症で徘徊していた方を山手通りで保護しました

こんばんわ.

夜中に山手通りを通っていて.赤信号まちしていた
とある交差点で,もうこっちが青になるのにのろのろ横切る不審な人を発見.
どうみても認知症で徘徊してるよね...
青になって車が流れ始めても意に介さず横切ります.
危なすぎるので,右車線を走ってたんですけど,強引に左に入って止めて.
110番しながら本人を確保!
パトカーが来るまでわたしの車に乗せて,わたしのコートを着せました.
そのままわたしのコートを着せてパトカーに乗せました.
どうやら朝,東村山の施設からいなくなったそうで
手配されてたようです.
飲まず食わずで徘徊していたのに,誰にもおかしいと思ってもらえなかったんですね.....
やっぱ,認知症対策するには,みなさまの認知症に対する関心をあげないといけませんね....
この大都会東京で,20時間.一体何百万人がこの認知症患者の徘徊を見逃したのか.....
途方に暮れるとしか言いようがないですね.....

わたしも認知症学会会員なので.いろいろ考えさせられました..

警察からは本当にコートいいんですか?と言われました.
ちなみに,コートは施設の人が送り返してくるそうです.
一応,一番お気に入りのニットコートだったので.
ちょっとうれしいかも~.
わたしの前を横切らなかったら,朝には冷たくなってたかもしれませんね.
かなり体も冷たくてよろよろしてた.
朝になって,施設の方から連絡をもらいました.
朝の5時から行方不明だったとのことです.

20時間くらい行方不明で,何も口にしていなかったのでは?
傘だけは持っていました.
どこから拝借したのか謎ですが....

とにかく無事でよかったです (^_^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です