【NIPT】続:大学病院教授でもこの程度か。。。【その2】

みなさま、こんばんわ。

先日、大学病院の教授に対する文句を書きましたが。

 

https://minerva-clinic.jp/niptdaigakubyouinkyoujudemokonoteido/

 

結局その後、羊水検査に進む症例となりました。

ところが。

18週までじゃないと羊水検査しない、と断言してた教授が

患者さんが私に言われた通りFISHの話をしたら聞いてくれたそうなんですね。

なので。

NIPTの結果が出るまで待って、必要ならFISHを出す、という形でやってくれるとのこと。

とりあえず、聞く耳があってくれたので、とっても嬉しかったです。

まあ。。

しなくてよい、という結果だと一番良かったんですけどね。。。。

でも。

うちに来てよかったって言ってくれたので

とっても嬉しかったです。

結果開示の遠隔診療のとき、旦那様は出張中だったのですが

複数が同時にビデオ会議できるので。

ご夫婦とわたし、3人それぞれログインして。

みんなで一度に話をできました。

ときどき、こうして、一緒に住んでいないカップルや、その時別にいるカップルで

3人でそれぞれ遠隔診療ということを致します。

便利な世の中になりましたね。

それでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です