【NIPT】先生が話も聞いてくれません。。。。【新型出生前診断】

某飛行機で2時間ちかくかかる地域のかたから

お電話をいただきました。

担当医に出生前診断のことをいったら

そんなこと考えるもんじゃない、と怒られてしまい

とってもいやだったとのこと。

なんでそんな言い方するんですかね~?

大事なのは患者さんの不安を取ることであって

それが検査することであれば

検査したらいいじゃないですか?

もしもダウン症(トリソミー21)やトリソミー18,13だったとして

その先生が育ててくれるんでしょうか?

どういうお子さんをどのように持ちたいかについて

みなさま夫婦で真剣に悩んでわたしのところにたどり着きます。

 

先日、某女性教授がうちに来ました。夫は医師。

それでも自分の担当医や周囲の人に言い出せなくて

うちなら安心

そう思って来てくれたそうです。

結果が出て。

陰性。

よかった、これでひとまず安心して妊娠したことを喜べる、って。

そうなんですよね。みなさん、妊娠したこと自体は喜ばしいことなんだけど、大丈夫なのかなと不安なんですよね。

でも。振り返ると妊娠の期間って本当に短くて。

母子が一体ってないですよ。こんな期間。

なので。安心して穏やかに幸せに過ごしてほしいんです。

先生のところがあってよかった、なかったら受けられなかったと思う。

そういう彼女をみて

いろいろなご意見をいただきながら

がんばってきてよかったって心から思いました。

うちは相変わらずお医者さんが一番多いです。

あとは士業。

やっぱり、専門医の看板に対する信頼をいただいているのと

みなさんわたしのブログを読んで

先生のいうことには共感できるって

先生好き~、って来てくれるんですよね。

本当に嬉しい限りです。

 

また、わたしは医師のパターナリズムとずっと戦ってきました。

それは、わたし自身が永遠に治らない病気だから。

自分の意志で決めたいの。

ちゃんと知りたいの。

そう思います。

自分が考えていることが相手にとって正しい、だから俺のいうことをきけ、というのがパターナリズムですが。

相手がちゃんと自己決定をできるようにサポートすることこそ専門医の務め。

わたしはそう思います。

 

ようこそ、ミネルバクリニックへ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です