NIPT事例集

妊娠したって親に言えない....

この患者さんは飛行機で2時間くらいかけてきてくれました.
4人目!うらやましいですね.
妊娠したら喜んでもらえると思いきや,家族,特にご自分のご両親に反対されるという現実を教えていただきました.
せっかく妊娠したのに
嬉しい,赤ちゃんに会える,という思いよりも
ご家族に反対されて気持ちが落ち込んでしまう
という現実.
親御さんからすると,お嬢さんが苦労するのを防ぎたいってことなんでしょうが.
お嬢さんからするとそっとしておいてほしい.
なかなか難しいものですね.
出産報告のメールをいただいて,そういう現実がわかりました.

*************************
仲田先生、お久しぶりです。
***のNです。おかげさまで〇月✖日、▽大病院にて自然分娩で第4子の男児を出産することができました。
4✖歳と高齢だということで親戚からの目や言葉を先に予想していたけれど、やはりそれは的中し、妊娠報告とともに受けた言葉は「その歳で障害が出るでしょう?やめなさい」でした。
仲田先生のところでいただいた印籠のおかげで、反対も跳ね除け、出産までみんなに応援してもらえました。そもそも障害が出そうだから応援できないよ、っていう姿勢もおかしいと思うけれど、そこは他人じゃなく身内だから出る正直な気持ちだったんだとは思います。
だからこそ、仲田先生のところでもらった印籠は私にとって必要なものでした。
祝福されて生まれてこられた末っ子ちゃんを見ていると、めでたしめでたし!としか言えません。本当にありがとうございました!
生まれた子の名前はYくんです。
旦那共々、先生の今後のご活躍、ブログチェックしながら楽しみにしております!
検査受けたら職場に言えます.

羊水検査を受けるような時期は15週なので

つわりなどで体調が悪くて妊娠したことを職場に報告してから

お子さんに何かあって中断を選んだ時

そういうことまで含めて他人に知られてしまうため

この検査を受けてからご両親や職場に報告しよう

というニーズが結構多いです.

 

 

NIPTトップページに戻る