新宿ミネルバクリニック

03-5272-3768

  • メールフォーム
  • メール

在宅緩和ケア
がんに限らず、生命を脅かす病気やその治療にともなう「身体のつらさ」「精神のつらさ」など、いろんな「つらさ」を持つ患者とそのご家族に対する治療や支援するのが緩和ケアです。

緩和ケアについて

緩和ケアについて

緩和ケアってなあに?

緩和ケアは、がんに限らず、生命を脅かす病気やその治療にともなう「身体のつらさ」「精神のつらさ」など、いろんな「つらさ」を持つ患者とそのご家族に対する治療や支援のことです。患者さんやご家族が、自分らしい生活を送れるようにサポートするという考え方です。 だから、緩和ケアがスタートする時期は、がんと診断されてなるだけ早期からが望ましいでのす。 がんと診断されると、さまざまな不安やストレスが発生します。

今まで、がんを治すということに関心が高かったのですが、がんを抱えながらどのように生活していくかと言う、
「生活の質」も、がんを治すことと同じように大切なのです。

また、たとえ手術や抗腫瘍薬といったがん自体に対する積極的治療を行うことが難しいということがあっても、何の治療もできないということではありません。痛みや吐き気、食欲不振、だるい、などといった辛い症状や、気分の落ち込みや孤独感が軽くなるようにすることも、がんによりおこる症状に対する立派な治療なのです。
自分らしさを保てるようにすることや、生活スタイルをなるだけ変えないようにすることなど、それぞれの患者さんの生活の質が保たれるように、医学的な側面に限らず、幅広い対応をしていくのが緩和ケアなのです。

また、近年、患者さんが亡くなった後の家族の悲しみのケア(グリーフケア)もがん医療のなかに取り入れられるのが望ましい、と考えられています。当院では、ご家族のグリーフケアにも積極的に取り組んでいきたいと考えています。

在宅緩和ケアについて

在宅医や訪問看護師が、ご自宅に定期的に訪問し、辛い症状のコントロールや心理面のサポートに関わります。
病院の治療を自宅で受けることが出来る、とお考えください。

物理的距離は確かに入院病棟のほうが近いでしょう。
しかし、ご自宅で過ごすという安心感に勝るものはないのではないでしょうか。

また、病院で患者さんが亡くなると、ご家族が「悲しいことを思い出すので病院には行けない」と、会いにきてくれることはなかなかなかったのですが、在宅緩和ケアの場合、生活の場が闘病の場であり、看取る場、かつ診療の場であるため、グリーフケアの手を差し伸べやすいのではないかと考えています。皆様のいろんな辛い時期を、患者さんやご家族と共に過ごしたいと考えています。

在宅診療を希望される方へ

主な訪問診療エリア:新宿区・中野区・渋谷区・杉並区・練馬区

 

 

ページの先頭へ