ミスではない?救急搬送で食道に誤挿管 女性死亡、業務上過失致死の疑いも 埼玉西部消防局

「これはミスではありません.
人身事故で死亡するのは運転士のミスですか?犯人を逮捕できないのは警官のミスですか?二審判決が一審と異なった場合,一審判決を下した裁判官のミスですか?
これを逮捕,有罪にするならば,あなたの息が止まった時に,救急隊は挿管できる技術があるのに試みてくれませんよ.」

Facebookでそう医師がコメントして流されてくるこのニュースを見ました.

どうしてでしょうか?
救急救命士は,挿管する技術をもっているとして認定されます.
食道挿管はミスでしかありません.

それを,ミスではない,といいきる傲慢さこそ
医療不信の原因ではないのでしょうか?

ミスはミス.
人はミスをするものなので,それをシステムでカバーするのが医療安全の考え方です.

それを誤解して,ミスでない,と言い切る.
なさけないです.

みなさまはどう思われますか?
ご意見を下さい.
http://www.sankei.com/affairs/news/151121/afr1511210007-n1.html

救急搬送で食道に誤挿管 女性死亡、業務上過失致死の疑いも 埼玉西部消防局

 埼玉県所沢市の埼玉西部消防局で13日、同県狭山市の60代後半の女性を救急搬送する際、救急隊員が酸素を送り込むチューブを気管ではなく、誤って食道に入れるミスをしていたことが20日、関係者への取材で分かった。女性はその後、死亡した。県警狭山署は司法解剖し、挿管ミスと死亡との因果関係を調べている。

関係者によると、13日に119番通報を受けた救急隊が女性を搬送。その際、救急隊員が気道を確保するために挿入するチューブを誤って食道に挿管し、一定時間気づかなかったという。

狭山署は業務上過失致死の疑いも視野に、関係者から事情を聴くなどして当時の状況などを調べている。

同消防局は「事実確認中のため、お答えできない」とコメントしている

 

4 thoughts on “ミスではない?救急搬送で食道に誤挿管 女性死亡、業務上過失致死の疑いも 埼玉西部消防局

  1. はじめまして。

    時々、ブログを拝見しております。

    > 食道挿管はミスでしかありません.
    > それを,ミスではない,といいきる傲慢さこそ
    医療不信の原因ではないのでしょうか?

    これはminervaさんの仰る通りだと思います。
    気道挿管すべきものを食道挿管したのは、まさにミス(=過失、過誤)としか言い様がありませんね。
    少し前には逆のパターン(胃に栄養を送るチューブを気管に誤挿入)の医療過誤事件↓もあったようです。

    http://www.sankei.com/west/news/151005/wst1510050075-n1.html

    Facebookでの医師の喩え話などは強引な屁理屈だと私は思うのですが、なぜ少なくない医師がミス(過失)という言葉、表現を嫌うのかを考える必要があるように思います。そのような医師たちの真意を善意に忖度してあげれば、以下のような事を言いたいのではないでしょうか。

    『定義すら不明である医療死亡事故=診療関連死を口実に、刑事立件利用可能な体制で調査することは、良識ある医師に厳罰を与える可能性を強め、医療崩壊を呼び起こす。
    一定確率で死に向き合わざるを得ない医師を、容易に容疑者扱いする体制は、間違っている。死因に関して明らかな解答が出るほど、現代医学は進歩していな い。調査と刑事手続きとの関係が整理されておらず、憲法上の保障である令状主義や黙秘権が潜脱されるおそれがあり容認できない。医師の基本的人権を守ることは、医療を守る ことである。この制度下で は、産科小児科や救命救急、外科領域、難病治療などハイリスク診療場面からの医師の離反を誘導することになる。医師職の離反の原因を取り除かなくては、医療に未来はない。』

    ↑この記述は実は、全国医師連盟という団体が「医療安全調査委員会新設への意見」と題したWeb記事(http://www.doctor2007.com/iken1.html)からの引用です。

    10月から医療事故調査制度がスタートしましたが、医師たちがこの制度を問題視するひとつの大きなポイントは、医療過誤事件を他の「業務上過失致死傷害罪」と同列に扱って容易に刑事事件(刑事訴訟)の対象になってしまうことだと思われます。

    私自身は全国医師連盟の考え方、意見には異議があり批判的な考えをもっていますが、それを書くと長くなるので今回は控えます。
    コメントさせていただいたのは、ミスをミスでないという話の、表面的な言葉尻りの問題だけで終わるのではなく、Facebookでの医師コメントの裏にある奥深い問題を掘り下げた上で、minervaさんの意見なり解説を是非聞いてみたかったからです。職業柄そういった問題には精通されていらっしゃると思いますので。

    長文失礼いたしました。

    1. わが国では,「海外では医療に対する刑事訴追はなされておらず,遅れた国である」かのように述べられておりますが,果たしてそうでしょうか?
      マイケル・ジャクソンの主治医は,刑事訴追されて有罪になり,収監されたように思います.
      だから,海外の先進国では,医療に対する刑事罰がなく,それは刑事罰があることにより真実の追究がなされなくなるからである,ということ自体が
      間違っているのではないでしょうか?

  2. 救命救急士が食道への誤挿管は医療ミスです。訴追されるべきです。重犯罪です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です