尊厳死と延命治療~胃ろうなんてしなければよかった~

  • 2015/08/28
  • 新宿ミネルバクリニック院長の独り言

みなさまは,延命治療ってなんだろうって考えたことありますか?

いざと言うときは考える余裕はありませんから,やっぱり考えておかないとね,という例を
お出ししましょう.

ある患者さんの奥さんが,わたしにタイトルの発言をしました.
「こんなことなら胃ろうなんてしなきゃ良かった...」

ひとつ補足しておくと,胃ろうというのは,口からの摂食が不可能または困難な患者に対し,おなかの皮膚と胃の間にトンネルを作ってチューブを留置し,食物や水分などを流入させ投与するための処置です.
1979年に米国で内視鏡的を用いて胃ろうを造設する経皮内視鏡的胃瘻造設術 (PEG)が開発されました.それまでは開腹手術しなければならなかったのです.日本においてはPEGが1990年代に急速に普及しました。

患者さんは脳血管障害で,ある日突然倒れて寝たきりになりました.

病院では,嚥下機能が回復しないので,胃ろうを作りますか?という説明しかなかったということです.

それから7年.

意思表示ができない,寝たきりで動けない旦那様と,健常な奥様の暮らしが続いていました.

胃ろうを作らなければ良かった,という後悔....
このご夫婦は,環境的には恵まれていました.

介護する第三者のマンパワーが,24時間あるところにお暮らしだったからです.

一体どういうことかな?と質問してみると...

作らなければ自宅に帰れない,ということは聞いていたが,作った後,こんなに長く
尊厳を脅かされる形で夫の生活が続くとは言われていなかった.

作らなければ死ぬといわれたら,作らざるを得なかったけど,あのときに作った結果どうなるかを
きちんと説明されたかった....
あの時は突然で,気が動転していたけど,こんなに長い間,こんな状態ですごさないといけなくなると知っていたら,胃ろうなんて作らなかった....

奥様はそう言って涙ぐんでいました.

尊厳死.

人間が人間としての尊厳を保ったまま死を迎えるということ.

人間の尊厳って何かということが,一人ひとり違うので,難しいですね.

日本とは対照的なのですが,欧米では終末期の高齢者や認知症末期の患者は胃ろう造設の適応外であり,殆どの高齢者が延命処置を拒否して自然死を選びます。
だから欧米では寝たきりという概念自体が無いのです.

自力で食べられなくなったら,自然に死を迎える.

この状況で,無理にチューブで栄養することが,日本とは逆に「虐待」と看做されます.

わたしは,ベルギー人のカトリック司祭様から言われたことがあります.
日本では寝たきりにして老人を虐待しているのか?
日本の老人はなぜ寝たきりになるのか?
ヨーロッパには寝たきりの老人はいない.
1980年代のことです.
ところが日本では,生存期間延長が医療の至上命題という考えが伝統的に強く,延命処置の是非を議論すること自体がタブーとされてきました.

「何もできないことは医療の敗北」とばかりに,何か治療や処置をすることが医療の美学のように,医療者にも受療者にも思われてきました.

しかし,本当にそうなのでしょうか?

QOL quality of life 生活の質,という概念があります.

いずれにせよ,個々の症例で,何が最善かを時間をかけて検討することが大切ですよね.

でも.
この奥様がこうして本音を吐露できるのは,とてもいいことだと思います.

わたしもたくさんのことを考えさせていただきました.

 

‪#‎新宿ミネルバクリニック‬ ‪#‎がん専門医‬ ‪#‎在宅‬ ‪#‎仲田洋美‬ ‪#‎緩和‬ ‪#‎セカンドオピニオン‬ ‪#‎セカオピ‬ ‪#‎がん治療‬ ‪#‎放射線‬ ‪#‎遺伝子検査‬ ‪#‎認知症‬ ‪#‎近藤誠‬ ‪#‎小松秀樹‬ ‪#‎尊厳死‬ ‪#‎延命治療‬

6 thoughts on “尊厳死と延命治療~胃ろうなんてしなければよかった~

  1. 看護師として、働きだし空しいです。お祖母ちゃん長生きしてね。お母さん100才目指して頑張ってね。とご家族様は寝たきりでタンを苦しそうにはき、しゃべれないお母さんにいいます。
    うんこも、下剤入れてだし
    オムツで、肌はかぶれて、手足の骨が曲がって硬直している。胃ろうは本当に拷問です。
    お母さんを、愛していたのなら、
    胃ろうにして、施設に入れるべきではないと、思います。人でなくなります。

  2. cheers for the actual article i’ve recently been on the lookout with regard to this kind of advice on the net for sum time proper now so numerous thanks ecdcgdcbdfad

  3. I’m really impressed with your writing skills as well as with the layout on your blog. Is this a paid theme or did you customize it yourself? Anyway keep up the excellent quality writing, its rare to see a great blog like this one these days.. gdeeeddaeddadabg

  4. 尊厳死(安楽死)を一刻も早く合法化すべきです。
    出生は自分の意志で決定できませんが {死}は自分で決定可能です。
    待機老人、少子高齢化問題は  日本で解決可能です(のはずです)
    杜子春を  ヴァーチャルリアリテイ の技術で 実現  そして自分の死期を{終末}を決定
    教育の無償化 より 緊急に  団塊世代の引退を(この世から)結審するべきです。
    ベビーブーマー 本人が!!!!!!!!!!

  5. 初めまして、回復期病床勤務の「一線を退いた脳外科医」です。
    ここ5年で当院の患者年齢層は確実に上がり、80歳は当たり前、90歳でも驚かなくなりました。

    脳塞栓症は重度麻痺・失語を残すといっても、植物状態でなく、胃管流動食ながらもうなづいたり笑ったりと過ごされている方もいます。
    先日、重度脳梗塞のお二人の家族とお話ししました。「胃管は自分に必要」と分かっていらっしゃるようで、触らなくなってきました。まるで、胃管がなければ「ふつうに食べられそうな」姿ですが、嚥下造影すると無理。。胃管があると、お食事中や夜間に無意識に抜去してしまう危険があり、当院方針ではミトンをせざるを得ません。胃瘻を作れば、QOLは確実によくなると考えましたが、その後は「ただ車いすに座って、笑って過ごす毎日」ということになり、平均寿命までは5ないし10年ほどあります。どうするのか??
    お一人の家族は、胃瘻を作って後方施設、もうお一方は胃管のまま後方施設を選択されました。

    どのような選択も後悔がつきものとして、何度も話する必要があります。「少しでも口から」というごくわずかな光も諦めない上での、落としどころとしての結論・・・このプロセスにはエビデンスや人工知能は役に立ちそうにありません。
    結論や展望が現時点では分からないので、お席汚しで失礼いたします。

    蛇足:嘉山孝正先生は、百戦経た脳外科医らしく、清廉な考えを持っておられると思いますが、時代の流れが個性を飲み込んでいくような印象を受けています。大海原の舵取りの正否はまだなんとも言いようがないですね。

  6. 私は内科の看護師として従事しています。今日これまで考えもしなかったことが、ありました。その事例は、寝た切りでも少しは食べることが出来る患者さまに、開業医から栄養状態の改善のためにPEG増設の依頼をお願い致します。という文章!患者さまは医療行為を受けたくない、点滴やチューブを入れて栄養剤をいれることを拒否できる意思表示の出来る患者様。まず、家族の話を聞いてみました。どうしていいかわからず、かかりつけの開業医を受診したらPEG増設が、効果的だと‼医療知識の乏しい家族にそのようなことを、話すと家族は抵抗なく同意され、病院に来られました。どう皆さんは考えますか?点滴や採血でさえ拒否される患者様がPEGを入れることに同意納得されないのは当然です。問題はその患者かぞくが、介護サービスや支援の手続きを知らなかったこと❗また在住でPEGの管理はどの様なことを注意するなど。全くの無回答でした。結局家族の意見よりも本人のしたくないという意思をドクターは受け入れ、帰宅となりました。開業医のドクターのなんと人間の尊厳を無視していること。
    病院に依存する家族の介護にたいする認識の欠如。看護の倫理に従い私たちの行動は正しかったと思いますか?選択肢をアドバイスする何らかの情報を与えることで家族が本当に在宅で患者さまの介護を覚悟することがてきるのか!?
    悲しい気持ちになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です