【NIPT】認定施設で1回目は多いトリソミー(中絶)、2回目判定保留(エラー)で子宮内発育不全

Pocket

みなさま、こんにちわ。

実は、NIPT認定施設は、自分たちは全く問題を起こしていなくて

認定外移設が問題ばかり起こしている、ということを喧伝しています。

本当にそうでしょうか?

今日は、ある症例についてご報告します。

 

関東の妊婦さんです。

1人目は無事に妊娠出産経過を過ごしました。

産まれたお子さんも異常ありません。

第2子の妊娠で35歳を過ぎていたため、認定施設(某大学病院)でNIPTを受けました。

当時は認定施設しかなかった。

結果はメジャーなトリソミーで。人工妊娠中絶をしました。

3回目の妊娠も、NIPTを同じ認定施設で受けました。

ところが、エラーだったため、2回目の検査をしました。

しかし。。。。

2回目もエラーで、がんがあったりするとこういうことになります、という返事をもらって

いつも通っている病院で経過を過ごしていました。

 

ところが。

あかちゃんの発育が不良だったので、あちこちに順番に紹介されて

最終的にはその都道府県のこども病院に行くことに。

耳が片方ちいさい、あたまも小さい、とか言われたけど

ここにいる子供たちより全然軽症だよ 

と言われて産んだら数日でなくなってしまったそうです。

調べたら、13/18/21以外の その他の染色体 のトリソミーだったそうです。

 

(。´・ω・)ん?

 

うちでは、エラーは全例、羊水検査にいっていただいておりますが。

そのように説明しています。

その他の染色体の異常でも、エラーになるし

解析プラットフォームはブラックボックスでこちら(医療機関)からはわからないことがほとんどなので。

受託している検査会社でさえ、わからないことが多いのでは?

たとえばイルミナの場合、アメリカとオンラインでデーターがやり取りされて

シークエンス(塩基配列)の決定まではこちら側の機械でやっても、解析は本国、だからです。

なので。

エラーになったら必ず羊水検査を受けてもらっています。

 

こういう知識がない医者が説明すると

エラーを放置して、こんなことになるんだな、とお気の毒で仕方がありませんでした。

 

 

じゃあ、中絶したらいいのか、という意見にも素直に賛同できませんが。

 

それでも。

やっぱ、患者さんとしたら、ちゃんと知りたいですよね。

そのうえで納得して決定したのであれば

辛いことでも向き合えますよね。

 

このご夫婦は本当にとても傷ついていました。

 

そして。今回、ミネルバにお越しいただき

(*///∇///*)

 

全部検査しましたが、異常なかったです!!

よかった~~~💛

がんばって、残りの妊婦期間を過ごして

かわいい赤ちゃんを迎えてくださいね!

あなたに会えてよかったです。

 

そして。

大学病院だったら大丈夫とか

認定施設だったら大丈夫とか

そうじゃなくて

結局はどんなところにかかったとしても

現場の医師のクオリティーなんだ、ということだとわたしは思っているので

たゆまない努力をしていきたいと思います。

いろいろ考えさせていただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です